スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3連休のひまつぶし 1

1 観たいモノが少ない

最近、ワガママに拍車がかかり、見たくないものは見ない、食べたくないものは食べない、会いたくない人には会わない、という傾向が強くなってきました。
これでも、もう少し前までは、新規開拓意欲がけっこうありました。
例えば、3カ月ごとに新ドラマ、新アニメをチェックして、可能性がありそうなのはとりあえず録画したり、月に1度は本屋で平積みの本をざっと見て歩いたりしたものです。
が、テレビドラマは、結局録画を残したいものがないという状態が1年以上続いたところで諦めました。
私が面白いと思うモノはもうほとんど残っていない、と。
PA0_0069.jpg

私の感覚がすっかり古びた、と謙虚に思ったりもしますが、一方で、才能あふれる人がメディアの世界に生まれにくくなったのかもしれない、と傲慢になったりもします。
加えて、私の興味がどんどん「笑い」や「面白さ」に特化して、「お涙モノ」「恋愛モノ」「根性モノ」は、なにをいまさら、と思っていますから、どうしたって、無理。

結果として、古いTV番組や映画、本、マンガを再び味わう時間がふえていきます。
といっても、録りためた番組をみても、なんでこんなのを録ったんだ?と当時の自分を疑ってしまうことも多々あり・・・・。

カミさんが昔、面白いと思う本が100冊もあれば、あとはイラナイ。100冊読み終えた頃には、最初の本を忘れているから、と言っていたのを思い出しました。
そんなもんかもしれないな、と思いました。(が、彼女はその後、それほど記憶力が落ちなくて、宗旨替えしたらしいけれど)

3連休のひまつぶし 2

2 経済小説

金曜に飲み会があった後の3連休。
いつもの買物以外、どこにも行かずに読書。珍しく経済小説を読んで、特に感想ナシ。「銀行は人事」「客の利益を第一に」とかあっても、なんだかどこかで見た風景だな、としか思わなくて。
若い頃に、30歳までは「恋愛小説もアリ」それ以後は。推理小説、40歳になったら経済小説、50歳を越えたら歴史小説とヒマつぶしネタを考えていました。
0806300064.jpg
そろそろ推理小説、という時に、まずは「Xの悲劇」「Yの悲劇」を読んで面白かったので、ヨシいけると思いました。が、あとは適当に図書館で借りて読んでみたら、いまいちピンと来ない。推理小説をよく読んでいる同僚に、事情を話して、面白いのを紹介してもらおうとしたら、
「そりゃ、ダメだよ。クイーンのそこから読み始めたら、あとの本が面白くないって、あたり前。」と言われて、あ、入り方を間違えたんだ、と知りました。いちばん美味い料理を最初に食べてしまった感じ、らしい。
その後、仕事がら歴史モノも読もうかと思いましたが、「歴史」は現代からの選択された「事実」と気づいてからは、まったく食指が動かず。どのみち現代の考え方の反映でしかないのなら、現代の考え方をまんま見ればいいだけ。
となれば、経済小説は「経済人」の発想をなぞるだけですから、どれも「見たことがある風景」になることはあたり前。
私が見たいのは、いままで見たことがない気持ちいい風景、なんですから。でも、そんなの、滅多に訪れないでしょう。

3連休のひまつぶし 3

3 娘は「アルフ」

仕方なく暇つぶしに録画しておいたEテレの「漫勉」萩尾、花沢、五十嵐を見たら、思いのほか面白くて、ドラマよりも「ドラマチック」。
同様に「岩井俊二のMOVIEラボ」も。

なにが面白いって「作る」ことの秘訣がそのまま見られたところ。
「消費社会」といわれるようになって久しいけれど、なんといっても「制作」(生産)することの方が圧倒的に面白いことはあたり前。無から有ができるんだから。もちろん、それが「流通」に乗るか、仕事として成り立つかどうかは別問題ですが。

コーヒーがほしくなり、下に行ったら、娘も録画を見ていました。
30年近く前の「アルフ」。彼女は私より徹底していて、つまらないモノはヒマでも見ない。だから連休中には「やっぱりネコが好き」とか「水曜どうでしょう」なんて見ています。歳からいっても、ちょっと古いと思うんだけれど、なんだかなあ。

つきあって、ちょっと見ていたら、ウィリー(父親)が若い頃に放浪していた話が出てきました。大草原を貨車にタダ乗りしていくシーン。
若者が貨車に乗って放浪するというのは、アメリカ映画にけっこう出てくる話で、いつごろのことだったんだろ?
ウィリーのリベラルな風情は、東部のベビーブーマーという感じで、日本でいえば団塊の世代というところだから、60年代ってことかな?

3連休のひまつぶし 4

4 私は「フーテンの寅」

コーヒーもって部屋に戻り、娘に対抗して取り出したのが「フーテンの寅」。ちょっと考えて「忘れな草」。
リリイのものなら「相合傘」にとどめをさすわけですが、ここはそれほど観ていない「忘れな草」。
観て、やっぱり正解。舞台が1973年頃の網走。リリイと寅が出会った夜行の普通席って、私も同じ列車に何度となく乗ったことも懐かしい。

当時、北海道が好きで、ヒマができると均一周遊券一枚もって、上野から夜行急行十和田に乗ったことがありました。
さすがに、貨車に乗って、というわけじゃなかったけれど。なにせ当時の北海道均一周遊券は学割で7600程度。5月中に買えば6000円くらいだったんだから、バイト1日か2日ぶん。日本流の学生の貧乏旅行です。

観光地を回ったのは最初だけ。2度目からは、居心地のいいところでぼんやりする旅になりました。
そのひとつが網走にあった友愛荘というユースホステル(昭和50年に契約解除したとか)。4,5日ぼんやりとして、オホーツク海沿いの国道をテクテク歩いて牧場を見に行ったり。同宿の人たち数人で、町でパンを買って漁港から浜に出てピクニックやったり。
能取湖で魚釣りをしたこともありましたっけ。
0803250080.jpg

だから、寅とリリイが話していた港も同じ風景を見ていたかもしれません。よく覚えてないけど。リリイが1箱100円のセブンスターに火をつけて、「普通の生活」を寅と語った岸壁も歩いたかも。
寅が働いてみた牧場は能取湖のそばですから、歩いた場所だったかもしれません。

なんてことを思い出しながら、観て40年たっても、やっぱり名作は名作なんだな、と思いました。せっかくなので、明日は「家族はつらいよ」でも見に行こうかと思います。

1 年はじめ

年末年始には地元の友人たちと飲んだりしていました。
歳が近く、仕事をしているのもいたり、完全にリタイア生活しているのもいたり。
けっこうな老後ウォッチングができるのです。

仕事始めから職場に出たら、結婚したての30歳前後の同僚が数人来ていて、こちらは私の子どもと同じ世代。
年末年始の過ごし方を話していたら、それぞれの実家に行った、とのこと。
へえ、えらいねえ、といったら、え?という顔されました。
これから子どもができたりして、しばらくは年始には実家回りするという時期が続きそう。

私のところでも娘が生まれ、まだ小さかった頃にはそれぞれの実家に行ったりしましたっけ。
でも、子どもがそんな行事につきあってくれるのは小学校まで。年始はお年玉がありますから、高校くらいまではつきあってくれますが。
その後は、親だけが老親見舞いも兼ねて実家に行く程度。

最近はとんとご無沙汰。
というか、もう実家はありません。私の実家は3年前までに両親ともあの世に行って仕舞いました。妻の方も義父が亡くなって、義母は施設でお世話になっています。

60代なかばにさしかかり、歳からいえば、私の家が「実家」になるはず、というところですが。
地元の友人たちと飲みながら、互いに笑ってしまうのは、8人の男たちのうち、孫がいるのは1人もいないこと。
それ以前に、20代から30代の子どもが合計12人いて、結婚したのがひとりもいない。その気配もない。

「しょうがねえなあ、いまの若い奴は」と言いたいところですが、自分たちの若い頃をふりかえれば、とても言えません。
真面目に働いているだけでも立派なものです。

結婚するかしないかは本人のシュミ。さもなければ、なにかの間違い。

私のところは、カミさんがとんでもない勘違いをしていたか、気の迷いがあったとしか思えませんし。
40年近く一緒にいて、いまだに彼女が結婚してくれた理由が不明。怖くて聞けませんけど。
定年になった時には「定年離婚」を言い出されること、けっこうマジメに覚悟してましたし。

友人たちも似たり寄ったりですから、自分の子どもに、結婚しろ、結婚したほうがいい、なんてとても言えません。
黙って、なにかの間違いが起こるかと見てるだけ。仕事をしていれば、とりあえずは困ることなく生きられますし。

そんな老人たちですから、例年正月2日には、自分たちの実家が残っている人はそこに顔を出して、それ以外の連中は、恒例の駅伝を見ながら麻雀するというバチあたり。私のように、年末に残した自分の部屋の大掃除をしているのもいますが。
P2220776改
麻雀グループは半荘4回もやれば疲れてしまう歳ですから、夕方には開いているファミレスに向かい、年始回り組や年始大掃除組(私しかいませんが)も合流して、新年会です。

これって、学生の頃の正月の過ごし方と大差ないなあ、と思い当たります。
違うのは、友人たちと遊ぶあいまに、家族で初詣に行ってくるくらい。ついでにカミさんと娘は地元のデパートを見たりしてますけど。でも、こんなことも「家族」の代わりに「カノジョ」にと書けば、学生の頃と大差ありません。

年始めって、これでいいのか?、とふと思いました。
しばらくは、このあたりのことを考えます。

プロフィール

チョビ2

Author:チョビ2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。