スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テニスコートと田んぼ

20年ほど前にあった話。

冬の風がグラウンドを吹き始めたある日、
「こんなのが届いたんだけど、どうするかちょっと困ってる。」
テニス部顧問のHさんが休憩室で箱を出しました。
テニスボール1ダースが入った箱が二つ。
コートの隣の田んぼの農家が持ってきたとか。

事情はこんな話。

テニスの練習中にネットを越えたボールが隣の田んぼに入って、いつも迷惑をかけているなあ、と思っていた顧問氏が、秋の稲刈りの日、練習を休止して部員総出で稲刈りを手伝ったことがあったとか。
「いまどきの稲刈りって、機械でやってしまうから、手伝うことなんかなかったでしょ。」
「そうなんだよなあ。稲を運ぶくらいがせいぜい。実際は単に邪魔だったかも。」
だから、稲刈りのお礼に、と届いた新品ボールを前に考えているのです。
「せっかくだから、もらっておくしかないでしょ。あとは、練習中におじさんが見えたら、生徒にきちんとお礼をいわせる、とか。」
「なんだか、悪いことしたかもなあ。」

当時は、昔からの農家の人だから、迷惑なことでも、相手が善意でやってくれたことには、きちんと返礼をする習慣がある、と思っただけ。まあ田舎の共同体社会って、そんなもんだよ、と軽く思っていました。

私も同じような年齢になり、このおじさんがボールを持ってきた理由がちょっとわかる気がします。

コンバインで稲刈りをしているところに、いつも迷惑なテニス部の高校生が10人、20人来て、手伝いたいといってきた善意に応えただけじゃなかったかも、と。

もしかすると、機械化される前の稲刈りを思い出したかも。
0809250227.jpg

50年以上前は、農繁期休校という制度がありました。
田植えと稲刈りの時期は一家総出で農作業をする。子どももかり出されますから学校も一斉休校。
この制度、私の頃にはなくなっていましたが、それでも母の実家で田植え、稲刈りをするときには、嫁入り先からも動員されて、一族郎党集合して作業しました。姉妹が多かったので、小学生以下のいとこたちが20人近く集まったものです。
子どもは邪魔になるだけなので、田植えをしている横で水路のおたまじゃくしや小魚を網ですくったりして遊んでいました。午には畦道に腰をおろして、おにぎりをほおばり、自家製の煮つけや漬物を食べたりもして。のどが乾けば、冷たい井戸水をやかんから飲んだりしました。
子どもにとっては、お祭りと同じ。いや、おとなたちにとっても、大変だけれど、楽しい一日だったはずです。

このおじさんは、そんな頃の田植え、稲刈りをやった最後の世代。

コンバインがあれば、それほど人手はいらない。10人も高校生が来たら、有難迷惑、と思うのは、効率化した時代しか知らない人たちの気分。
このおじさんが、お礼しなくちゃ、と思いついたのは、若い人がワイワイ集まってくれて、昔ながらの稲刈りを思い出すことができたから、じゃないかと・・・・きっと。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

チョビ2

Author:チョビ2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。