スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴキブリを窓から捨てた女子

ある日、同僚氏が授業から戻るなり、イヤ、参りました、と話し始めました。
授業中に、作業をしている生徒の間を歩きながら、ふと足元をみると、巨大なゴキブリが床を走っているのが見えたとか。
彼がうわっと、つぶやく。と、ヤツがにらみつけたので、後ずさりしたところで、近くの生徒が気づき、あ、ゴキブリ!と叫びました。途端に、ちょっとした騒ぎになってしまったとのこと。

天敵がゴキブリという同僚氏が躊躇しながらも、覚悟を決めようかと迷っていると、女子のひとりがすっと近寄り、素手でゴキブリを捕え、そのまま窓から外に投げ捨てた、と。
騒ぎが収まると、その女子、なにもなかったかのように「手を洗ってきていいですか?」といって廊下に出て行ったそうです。

「蛇も蜘蛛も平気なんですが、ゴキブリだけは本当に苦手でして。彼女がいなかったら、自分が戦うしかないと思っていたのですが。」
という同僚に、「ゴキブリ」に強く反応した教員が来て、「ホントによかったですねえ。」といい、「でも、その生徒、素手でつかんだんでしょ。」と複雑な表情をしています。

転勤してきて1カ月、この学校の生徒はちょっといいかもしれない、と思いました。
P3090803.jpg

これまでにいろいろな生徒や生徒集団をみてきました。
ある集団では、こんなゴキブリ騒動があると、あらかたが生徒が立ち上がって、大騒ぎになります。
ゴキブリが本当に苦手という生徒は授業中でも、立ち上がって逃げます。それにつられるように、ゴキブリがそれほど苦手ではない生徒も集団のノリに同調して、逃げるものです。集団に同調することが優先されるのです。
もし、そんな雰囲気の中で、素手でゴキブリを捕まえて捨てる生徒がいたら、同調しない者として排除されるリスクを覚悟しなければいけない。「変わったヤツ」といわれるだけならまだしも、「汚いヤツ」として攻撃されることもあるからです。
全体の半分の高校では、こんな状況になるはずです。
これが多様な高校を経験してきた私の感覚。

自宅でゴキブリに怯えたりするのは特に気になりません。誰だって苦手な生き物はいるものですから。
私の場合、ゴキブリはつかめますが、ヘビは無理。家族はこの逆。
イヤなのは、教室とか職場で、ことさらに「ゴキブリ!」と悲鳴をあげたがる人。なにをまた、こんな場所でカワイイ人を演じるんだ?と。本気で怖かったら、黙って遠ざかるだけでじゅうぶん。
ついでにいえば、それをことさらに騒ぎたてる(これは男子に多い)のも見ていてツライ。イタいと感じる時もあります。(まあ、授業をお祭り気分にしたいのもわかりますが)

たぶん「場所をわきまえる」という感覚の問題なんだと思います。
数年前に「仕事場で土下座」ドラマが大好評と聞いて、なんとも気持ち悪い状況になったもんだな、と思ったのとどこかで通じています。
ところかまわず、自分の素の部分を見せたがるのって、やっぱり痛々しいとしか言いようがありません。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

チョビ2

Author:チョビ2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。