スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3連休のひまつぶし 4

4 私は「フーテンの寅」

コーヒーもって部屋に戻り、娘に対抗して取り出したのが「フーテンの寅」。ちょっと考えて「忘れな草」。
リリイのものなら「相合傘」にとどめをさすわけですが、ここはそれほど観ていない「忘れな草」。
観て、やっぱり正解。舞台が1973年頃の網走。リリイと寅が出会った夜行の普通席って、私も同じ列車に何度となく乗ったことも懐かしい。

当時、北海道が好きで、ヒマができると均一周遊券一枚もって、上野から夜行急行十和田に乗ったことがありました。
さすがに、貨車に乗って、というわけじゃなかったけれど。なにせ当時の北海道均一周遊券は学割で7600程度。5月中に買えば6000円くらいだったんだから、バイト1日か2日ぶん。日本流の学生の貧乏旅行です。

観光地を回ったのは最初だけ。2度目からは、居心地のいいところでぼんやりする旅になりました。
そのひとつが網走にあった友愛荘というユースホステル(昭和50年に契約解除したとか)。4,5日ぼんやりとして、オホーツク海沿いの国道をテクテク歩いて牧場を見に行ったり。同宿の人たち数人で、町でパンを買って漁港から浜に出てピクニックやったり。
能取湖で魚釣りをしたこともありましたっけ。
0803250080.jpg

だから、寅とリリイが話していた港も同じ風景を見ていたかもしれません。よく覚えてないけど。リリイが1箱100円のセブンスターに火をつけて、「普通の生活」を寅と語った岸壁も歩いたかも。
寅が働いてみた牧場は能取湖のそばですから、歩いた場所だったかもしれません。

なんてことを思い出しながら、観て40年たっても、やっぱり名作は名作なんだな、と思いました。せっかくなので、明日は「家族はつらいよ」でも見に行こうかと思います。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

チョビ2

Author:チョビ2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。