スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1 年はじめ

年末年始には地元の友人たちと飲んだりしていました。
歳が近く、仕事をしているのもいたり、完全にリタイア生活しているのもいたり。
けっこうな老後ウォッチングができるのです。

仕事始めから職場に出たら、結婚したての30歳前後の同僚が数人来ていて、こちらは私の子どもと同じ世代。
年末年始の過ごし方を話していたら、それぞれの実家に行った、とのこと。
へえ、えらいねえ、といったら、え?という顔されました。
これから子どもができたりして、しばらくは年始には実家回りするという時期が続きそう。

私のところでも娘が生まれ、まだ小さかった頃にはそれぞれの実家に行ったりしましたっけ。
でも、子どもがそんな行事につきあってくれるのは小学校まで。年始はお年玉がありますから、高校くらいまではつきあってくれますが。
その後は、親だけが老親見舞いも兼ねて実家に行く程度。

最近はとんとご無沙汰。
というか、もう実家はありません。私の実家は3年前までに両親ともあの世に行って仕舞いました。妻の方も義父が亡くなって、義母は施設でお世話になっています。

60代なかばにさしかかり、歳からいえば、私の家が「実家」になるはず、というところですが。
地元の友人たちと飲みながら、互いに笑ってしまうのは、8人の男たちのうち、孫がいるのは1人もいないこと。
それ以前に、20代から30代の子どもが合計12人いて、結婚したのがひとりもいない。その気配もない。

「しょうがねえなあ、いまの若い奴は」と言いたいところですが、自分たちの若い頃をふりかえれば、とても言えません。
真面目に働いているだけでも立派なものです。

結婚するかしないかは本人のシュミ。さもなければ、なにかの間違い。

私のところは、カミさんがとんでもない勘違いをしていたか、気の迷いがあったとしか思えませんし。
40年近く一緒にいて、いまだに彼女が結婚してくれた理由が不明。怖くて聞けませんけど。
定年になった時には「定年離婚」を言い出されること、けっこうマジメに覚悟してましたし。

友人たちも似たり寄ったりですから、自分の子どもに、結婚しろ、結婚したほうがいい、なんてとても言えません。
黙って、なにかの間違いが起こるかと見てるだけ。仕事をしていれば、とりあえずは困ることなく生きられますし。

そんな老人たちですから、例年正月2日には、自分たちの実家が残っている人はそこに顔を出して、それ以外の連中は、恒例の駅伝を見ながら麻雀するというバチあたり。私のように、年末に残した自分の部屋の大掃除をしているのもいますが。
P2220776改
麻雀グループは半荘4回もやれば疲れてしまう歳ですから、夕方には開いているファミレスに向かい、年始回り組や年始大掃除組(私しかいませんが)も合流して、新年会です。

これって、学生の頃の正月の過ごし方と大差ないなあ、と思い当たります。
違うのは、友人たちと遊ぶあいまに、家族で初詣に行ってくるくらい。ついでにカミさんと娘は地元のデパートを見たりしてますけど。でも、こんなことも「家族」の代わりに「カノジョ」にと書けば、学生の頃と大差ありません。

年始めって、これでいいのか?、とふと思いました。
しばらくは、このあたりのことを考えます。

スポンサーサイト
プロフィール

チョビ2

Author:チョビ2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。